当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

【フリーゲーム】都市伝説や幽霊を仲間にしながら異界の東京を探索するRPG『裏東京』を遊んでみた!

年も明け久しぶりにフリーゲームを漁ってみました!

そこで今回気になったタイトルがコチラ!

裏東京】!!

PV

ゲームの概要&特徴

主人公は飲み会帰りの大学生。
※名前は開始時に任意に変更可能。初期設定は「玲二」。

※以下ゲームDLページより抜粋

————————————————————————-

【ゲーム概要】

  • 現代日本を舞台にしたオーソドックスなターン制RPG。数多の有名RPGに大変影響を受けております。

【ゲームの特徴】

  • 現実と瓜二つの異界「裏東京」を探索し、遭難者の救助や黒幕の野望阻止を目指して探索を行います。

  • 幽霊、都市伝説、ネットロアが敵として出てきます。戦闘後に確率で敵との会話イベントが発生し、うまく話せたり条件を満たすと仲間にできます。花子さん、口裂け女など有名な異形ほど能力が高いです。

  • ストーリーは10/1からスタートします。
    12/31になるとゲームオーバーです(11月上旬には余裕をもってクリアできると思います)。現実パートでは主人公の人間性を成長させられます。
    人間性の成長が主人公自身や仲間の強化につながります。

ゲーム内容

早速ゲーム開始

※主人公の名称は初期設定の「玲二」でスタート!

まずは開始後に移動しているとイベント発生!

その後さらに進んでいくと電気スタンドに襲われる( ´∀` )

襲ってきたやつを倒し移動すると謎の男性に遭遇。話を聞くと奥のトイレを調べろと言われるので行ってみることに。。。ちなみにこの男性の左側に進むと消火器があるので取っておくとこの後が楽になります。

トイレを調べるとトイレの花子さんとの戦闘に。。。先程取得した消火器を使用すると簡単に倒せました!

倒すと話しかけられるので質問に答えます。私は「むしろ可愛い」と答えましたがどちらでも問題無さそう。

その後は仲間になった花子さんを伴い先程の男性に報告!そりゃー妖怪仲間にすれば驚きますよね(‘Д’)

男性から自己紹介(青田なる名前)を受け青田の活動に協力する様に依頼される。まあ断れないので強制ですね(笑)

その後はいったん解散となり、後日集まることに。ちなみにキッチン周りの光ってる部分を調べるとアイテムが貰えます。

夜に裏東京に向かうと花子さんに声を掛けられる(笑)

青田からは活動内容を説明されるのでここから活動開始です!

とりあえず適当に戦っているとピクトさんが仲間になりました!ステータスを見たところ結構な強さだったので主力に決定(笑)道中かなり頼りになります!

ちなみに仲間になる条件は質問に答えたりアイテムを渡すなど色々あるので難しいですが、それらの条件が纏められた一覧がゲームファイルに同梱されていたのでそちらを確認してみるといいかもですね!

その後はフィールド上にいる要救助者を一人救出し帰還!ここに来る道中で市松人形が仲間になってたりする。

次の日からは日常パートで色々行動できるようになりました。装備やアイテムの調達等色々行えます。このへんはペルソナシリーズの3~5みたいなイメージですかね。

日常パートや裏東京内のイベントでは主人公の人間パラメータも成長していきます。この数字を上げていくことで仲間になる妖怪も増えていくようです。

他には日常パートで知り合ったキャラクターと交流を深めることで色々な特典があるようです!※こちらは大学の中庭で知り合った悠子。

個人的な感想

序盤一つ目の討伐対象を攻略するところまで進めましたが、かなりのボリュームで個人的には楽しいと思いました。ペルソナ3~5を楽しめた人には特にオススメですね。

序盤は仲間も少なく敵も強い気がするので少々きついですが仲間を集めて装備を整え行く過程が私にはハマりました!仲間になる妖怪も色々いるのでこの辺も良かったですね。

またコントローラーも使用できたので操作もストレスなく遊べたのも◎

最近SteamにてPCゲームをよく遊ぶのですが、ボタン表記がXbox形式なのでコンバーター通してPS2コントローラーを使用している私には...

この規模のゲームを無料で遊べるとはいい時代になったとしみじみと思いました(笑)

ダウンロードサイトの紹介ではプレイ時間は10~30時間と長めなのでゆるゆると遊んでいきたいですね!

ゲームの入手先

興味がある方はコチラからダウンロードできます。

※リンク先を下にスクロールしWindows版をダウンロードをクリック

PCゲームで遊ぶならこちらのゲーミングPCを参考下さい!

PCで長時間ゲームを遊ぶなら良い椅子を用意しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする