PS4のディスクが勝手に出る不具合(イジェクトバグ)について対応してみた!

現在使用しているPS4(CUH-1100A)ですが最近になって勝手にディスクが出る事象が頻発する様になりました。そこでネットで色々調べたところいくつかの対応の後にこの事象が収まったのでこの不具合についての対処方法をまとめました。

 

ちなみにメーカーに修理を出す場合ですが2022年7月現在では費用の目安は「10,000円以上」とのこと。また下記の型番は修理受付が終了したシリーズになります。

  • CUH-1000
  • CUH-1100
  • CUH-1200

上記の型番は初期型のPS4にあたるとのことですが対象の方は故障したら買いかえですね。。。

って私の型番のPS4は既に修理受付対象外ですね。。。

しかしながら等不具合については下記の対応を取ったところ事象が解消したので最後の抵抗として試してはいかがでしょうか。

 

 

イジェクトバグについての概要

突然「ピピピ」と鳴ってディスクが排出される事象です。

 

ネットで色々調査したところ初期型のPS4のディスクイジェクトボタンは静電容量式でコンセントを抜かない限り通電しており、電源を切った状態であってもゲーム中であっても突然発生します。このバグについては一度発生すると連続して発生することが多いので、しばらくの間、繰り返しディスク排出動作が勝手に起こることが多いです。

 

イジェクトバグについての具体的な症状・被害

症状について

  • ディスク版ゲームのプレイ時ゲームが中断される
  • 電源OFFでも勝手に電源がつき、そのまま起動し続ける
  • 強制排出によりディスクが地面に落下することがある

 

ゲームの中断

これは致命的です。私はフォールアウト76プレイ時に急にセッションが切れてゲームの起動からやり直しました。中断される度にこの操作を行わなくてはいけないのでとてもイライラします。オンライン、オフライン問わずこの事象が発症するとディスク版のゲームはまともにプレイ出来ません。

 

勝手に電源がON状態になる

PS4のコンセントを抜かない限り、PS4から離れていても問答無用でディスク排出が発生します。つまり勝手に電源がつき、PS4起動時のファンの音で夜中に目が覚めたり、外出から帰宅時に勝手に起動していたことがなんどかありました。

 

対処としてはイジェクトバグに対応しない限り電源コードを抜くしかありません。

 

ディスクの落下

ゲーム中に急にディスクが排出され床に落下。私のPS4は低い位置に配置してあるので大した被害はありませんでしたが、高い所から落下した場合ディスクが破損する恐れがありますね。

 

またディスクローダーがずっと動いており再度ディスクを入れようとしても入らず一度電源を切る必要があるなど手間も掛かりました。これについては既にディスクが出ているにも関わらず、更に排出しようとした結果、PS4からディスクが弾かれて落下するわけです。

 

不具合原因

上記の通りゲームプレイ時には致命的な不具合です、原因については静電気、廃熱不良、接触不良などいくつかが考えられ、特定するのは難しいとのこと。調査をするうえで実際SONYに問い合わせた方の記事も拝見しましたが具体的な説明はなく、部品交換で終了したとのことでした。

 

私のPS4については「静電容量式」のイジェクトボタンが怪しいと結論付けたので、静電気対策として下記の対応を行いました。

 

下記の対処方法を見ても分かると思いますが、静電気が原因の一つになっていることは間違い無いと思います。横置きと縦置き変えたら改善したという話もあるので内部の物理的な接触不良とかも考えられますが接地面によって帯電状態が改善されている可能性もあります。

 

対応内容

これについては個人の環境により違うと思いますが、調査上これらの対応で治った例もあるとのことなのでご紹介します。※私も一通り試しました!

 

  • PS4を横置きから縦置きに変更
    結構これで治ったという方もいました。簡単なのでまずはこれを試します。

  • 電源ケーブルを抜いて放置
    溜まっている静電気を自然放電させる為とのこと。公式でも対処方法として紹介されてました。

  • ディスクイジェクトボタンの下部(本体を横置きしたとき)にあるゴム足を引っこ抜く
    ゴム足に埃が溜まって帯電しやすくなっているとの疑惑があります。

  • 本体を横置き時に、四隅に物を挟み底部に隙間(数センチ)を空ける
    帯電しやすいラック(金属製)の場合等に帯電防止として底部を離すことで改善する見込みがあります。

  • PS4のセーフモード(起動時に電源ボタンを長押し)でシステムソフトウェアをアップデート
    公式にも紹介されていますがこれで治れば苦労しないです。。。

  • 電源、ケーブル類を全部外して埃を掃除
    掃除して埃を除去することで帯電しにくくする効果があります。

  • PS4の冷却する
    PS4を冷やすことにより熱さからの湿度が下がり帯電しにくくする効果が期待されます。

こうしてみると対応内容のほとんどが静電気につながっており帯電状態を解除したり、帯電しにくくする対応が多いですね。

 

この中では電源ケーブルを抜いて放置が一番効果がありましたが数日するとまた再発しました。

 

実際に効果のあった対応方法

除電ブラシで掃除する!

これだけですが効果は絶大でした!

 

 

いっそPS4、PS5の買換えも考えましたが値段が高いのと(笑)まだイジェクトバグ以外は問題なく動いていたので最後の抵抗とし試した結果が大当たりでした!効果が無いとしても安価だしPC周りの掃除にも使用できるからいいかとの思いです。

 

 

この対応からひと月ほど経ちますが今のところは問題ないので静電気による不具合の線で当たりみたいですね。イジェクトバグには最近頻発してましたが以前から少しの割合ですが発生していたので今回の対応で解消されることを願います。

 

 

最悪はPS4の買換えも検討していたので本当に良かった!

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

 

 

今回の件とは少し違いますがキーホルダータイプの物など携帯に便利な除電グッズもあるので冬場の静電気対策なんかにも良さそうですね!

 

 

今回の対応についての感想

外出時に出先でリモートプレイするのにスタンバイモードで数日放置したことも影響あるのかと思ったりしましたが、ずっと電源に繋ぎっぱで長時間起動していると帯電して上記事象の原因になるかもしれませんね。

 

ともあれイジェクトバグが解消され「ピピピ」と嫌な音を聞かなくなったのは良かったです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする